読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

novelsのブログ

お題にもとづいた短編小説やふと思いついた小説を不定期更新します

女は許し、男は射精する


こんにちは。今日はとても大切なことを書きますね。

※この記事は18禁です! エロ描写あり! 嫌いな人はブラウザバックお願いします
 




わたしは、自分の価値を自分で下げるようなブログを書いていると、ある人に言われた。尻軽、ビッチは「人として下に見られる」らしい。確かにそうだ。ブログを始めて、わたし自身少しずつ人格が変わってきているのがわかる。もちろん変な方向に。


世の中には恋愛指南書なるものがあるそうだが、わたしはその手のものを読まない。プロセスなんてすっ飛ばしてセックスしようぜ、というのがわたしの本音だから、最初のデートがどうとか、二回目のデートでどうとか、正直興味がないのだ。(ただし、いろんな目にあった結果「会ったその日にセックスしない」だけは守り通している)


 
わたしは若いころ、手をつないだ次の瞬間にキスしないと、永久にセックスできない気がしていた。いつもとても焦っていた。すべてのものごとには流れがあって、わたしは動き続けていないと死ぬ病で、そうなると必然的に、手をつないだ次の瞬間にキスをしなければ次へ進めない。

だからわたしはどの男とも、手をつないだらその瞬間に相手が「キスをしやすい」ようにしてきた。キスのしやすさは、優しさとも股のゆるさとも違う。ただのヤリマンが偉そうにと言われるかもしれないが、そこには「許し」があるのだ。偉そうなことを言っていると思わないでほしい。「許し」は、人が人に優しくなる理由のひとつだと思っている。

わたしは男のすべてを許してきた。許容し、受容し、自分の中で浄化することまでをひとつのストーリーとして男に提供してきた。男は射精するまでがひとつのストーリーなのだから、わたしのつくった浄化のストーリーと根本的に合致してくれる。


男は「この女ヤレそう」と思って優しく近づいてくる。わたしは優しく接してくれることに感謝し、手をつないだらすぐに「許し」の態勢に入る。男と女は互いの職業や名前を知らなくても、つながれるかどうかの判断はできるのだ。


膣の中はとても感覚が鈍いから、気持ちを鋭敏にして、ほかの場所から得た快楽を膣のなかに持って行ってつたえる。「今、気持ちいいことをしているんだよ」って伝える。

当時のわたしは外(秘豆)か乳首でしかイケなかったけど、セックスに対する満足度はものすごく高かった。


男の方はというと、射精してしまったらすぐにいなくなってしまう男がほとんどだった。ただ、わたしは何もかもを許していたので、傷ついたときに連絡を寄こし、再度セックスをすることがあった。3度目くらいまでは会うようにしていた。それ以上体を重ねるのは飽きるので4回目は無かった。


中には、本当に愛を返してくれる男もいたが、はじまりがセックスということに大変負い目を感じているようすだった。また、つきあった後、とても嫉妬深い男になってしまうのも面倒だった。「会ったその日にセックスをする女だから、目を離すと他の男とセックスするだろう」と思ったのだと思う。怖い話だ。


だからわたしは、「会ったその日にセックスしない」を守ることにした。そしたら、男たちから大切にされるようになった。


もしも、会ったその日にセックスをしてしまう女性がいたならば、あと1日置くようにしてほしい。きっと世界はそれだけで、変わるから。


では。

f:id:keisolutions:20160422000315j:plain